日芸受験のための対策

Posted by admin on 1月 14th, 2015 — Posted in

テレビや舞台で活躍している俳優をはじめ、有名な人気脚本家や画家など芸術の分野で多数の有名人を輩出していることで有名な学校があります。日芸です。芸術全般を学べます。大学でこのような幅広い分野の芸術を学べる学科を設置している所は珍しいです。入学して学びたいと熱望する若者は多いです。しかし、どの芸術大学や専門学校にもあてはまりますが、これらの特殊な学科を受験しようと思ったら他の学生と同じような勉強が大事というよりも、受験時点で人一倍希望する分野に秀でていなければなりません。絵画であれば、多くの生徒が民間の絵画教室に習いに行っていますし、歌や音楽を習っている生徒もいます。実技試験が重要視されるので、独学では限界があります。毎年何人もの合格者を輩出しているような実績のある芸術専門の塾などで対策すると心強いです。

日芸の受験としては英語と国語

文系の科目としては国語、社会があります。理系では数学と理科があります。英語に関しては文系理系ともに設定しているところがあります。日本ですから、国語に関しては理系も設定しても良さそうですが現状は両方にあるのが英語になっています。大学に入ろうと思う場合、私立であれば大体3科目が試験の時の必須科目になることが多いです。日芸の受験ではどのような科目になっているかですが、今は英語と国語になっています。それぞれ100点満点で両方で200点満点で評価されるようになっています。一応足切りと呼ばれるものが設定されています。両方の合計が60点に満たない場合においては、他の部分の点数が良いとしても合格にならないとされています。まずはこの点数を目指すことになるでしょう。そして合格するのに安全と言われる点数をとれるようにしていきます。

日芸の受験で作文対策と小論文対策

文章を作成するのは簡単なことではありません。ただ言葉を並べるだけではなく、それなりに意味の通じるものにしなければなりません。時には面白みを持たせて読んでもらえるものである必要もあります。一方ではそういった面白みなどは一切排除して内容について論理的に述べることが求められることがあります。日芸の受験においては学科試験の他に課されるものに小論文と作文があります。一見どちらも同じように思えますが、内容はかなり違うものになります。小論文はテーマに則して思考を整理して論理的に表現する必要があります。自分自身の考えも必要ですが、一般論が重要になるでしょう。作文は与えられたテーマにそって自分の言葉で表現していくものです。体験であったり、想像した内容を元に作成します。オリジナリティが求められる文章です。似ているようで異なるのです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)