日芸の受験で校友子女試験

Posted by admin on 1月 14th, 2015 — Posted in

自分自身の親であったり祖父母が通っていた学校に関して聞かされることがあるかもしれません。そうすると自分でも行きたいと思うことがあります。親や祖父母の時代とはかなり環境も異なるでしょう。親にそのことをはなしすると好きにしなさいといいながら少し嬉しそうでした。自分の後輩になるのが少し嬉しいと思われたのかもしれません。日芸を受験するとき、校友子女試験と呼ばれるものが利用できます。こちらは父母、祖父母の6人のうち誰かが大学や大学院、短期大学を卒業していると出願することが出来るものです。こちらに関してはいくら能力があっても親などが行っていなければ出願すらすることができないのですから、もし該当するのであれば挑戦してみたいです。日程などには注意します。また合格枠としてはそれほど多く取られていません。それも考えて出願します。

日芸の校友子女受験で親の状況

自分自身が生まれたとき親が決まっています。戸籍にはそれがずっと載り続けることになります。親が離婚をしたとしても自分にとっての父親、母親はずっと固有の人になります。良く再婚をしてお父さんと呼んで、お母さんと呼んでと言われることがありますが、その再婚相手は戸籍上は父親でも母親でもありません。形上になります。日芸において校友子女受験と呼ばれるものがあります。両親や祖父母において出身者がいるときに出願できる制度です。祖父が卒業したのですがすでに亡くなっている場合はどうかですが資格は残っています。両親が離婚して母親に引き取られました。父親が出身者だったのですがどうなるかですがこの場合も出願することができます。誰も出身者がいなくて母親の再婚相手が出身者であったとしても該当しません。養子縁組をしても該当しません。

日芸への受験では付属校からのもの

大学の付属校として高校や中学、小学校などが設置されることがあります。小学校などに入学すると、一定条件のもとに中学、高校、大学とエスカレーター式に進学できる場合があります。必ず出来るわけではなく一定の学力が必要になりますが、入試よりも楽に生活を送りながら希望の大学に入ることが出来るかもしれません。日芸に入学受験を希望する人にも付属校からの人がいるかもしれません。この場合にはまず統一試験と呼ばれるものを受けることになります。これは付属高校において統一的に行われるもので、この試験で一定以上の点数がないといけません。4科目で行われるもので、200点ぐらいが基準ですが、これは学部であったり学科によって多少上下することになります。一般入試に比べると科目は増えますが、合格する可能性としてはこちらが高くなると言われます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)