日芸にAO入試で受験をする

芸能人が大学に入学することがあります。芸能活動をしながら勉強をしたり、大学生活を送るのは大変そうです。大学に入学してからどのように生活するかはわかりませんが、試験に関してはいくつかの方法があります。AO入試と呼ばれるものがあり、こちらだと通常の試験とは違い学科がないことから芸能人なども利用が可能です。日芸にAO入試を利用して受験することを考えます。流れとしてはまず自己紹介アンケートを送ります。これを送るとエントリーシートが送られるのでそれを記載してまた送ります。これらで書類審査が行われ、合格者は出願します。お金がかかるのはここからになります。まずは1次試験がありこちらは実技が中心の試験になります。その後に1次試験の合格発表があり合格すれば2次試験に移ります。それに合格すれば入学することができます。

日芸の受験ならオーディション入試も一考に入れて

これから日芸を目指そうとお考えの方もいるのではないでしょうか。日芸を合格することは、かなり高いレベルが必要です。一般入試の場合だと、一次試験には、外国語と国語の試験で合格ラインに達しなければなりません。一次試験が合格レベルに達していないと、自動的に不合格となってしまいます。一次試験の他に、実技試験があり、専攻学科によって実技課題が異なります。専門学科の場合、未経験者だと、合格水準レベルに達するのには、かなりの努力が必要とされています。実技で合格するためには、早い段階で専門予備校で受験対策をするのがよいでしょう。日芸では、オーディションで受験をすることも可能です。AO試験と呼ばれるオーディション形式の試験は、自分をアピールして売り出すことが出来ます。またAO試験で不合格となった場合でも、一般入試でもう一度同じ年に挑戦することが出来るので、受験が有利になります。

日芸で一般推薦での受験は学科で異なる

大学には学部があり、学部の下に学科、更に学科の下にコースが設置されることがあります。経済学部などだと学科も経済学科のみのことがありますが、文学部であったり工学部になると学科が非常に多くなります。それぞれで募集定員などがあるのでそれぞれ自分の学びたいことに合わせて応募をすることになります。日芸も学科、コースの非常に多いところといえるでしょう。写真であれば学科のみですが、映画になると監督コースなどがあります。受験に関しては、学科ごとに異なるようになっています。コースごとではありません。ただし、小論文や面接においてはコースに基づいて答えることになると思います。項目自体は同じでもそれぞれによって内容を変えていく必要があるのです。映画学科においては表現をする試験がありますから、コースによって内容が違うでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*